『コレットは死ぬことにした』を無料で読もう!薬師の少女と冥王様の神話ロマンス

コレットは死ぬことにした

『コレットは死ぬことにした』は、神話をモチーフにした薬師の少女と冥王様のラブロマンス作品です。

  • ずっと気になってて読みたかった
  • 前に読んだことあるけど読み返したい

そんな人の為に、今回は『コレットは死ぬことにした』が全巻無料で読めるアプリを紹介します。

今なら30話分無料で読めるコインがもらえて一気読みが出来るよ

\今すぐ公式アプリをチェック/

マンガParkのQRコード

 

作品紹介

『コレットは死ぬことにした』は、『花とゆめ』(白泉社)で2014年から連載されている幸村アルト(ゆきむら アルト)さんの少女漫画作品です。

2016年からはドラマCD化もされていて、声優の矢作紗友里さん(コレット役)、小野大輔さん(ハデス役)、花江夏樹さん(カロン役)らが声を当てています。

\今すぐ公式アプリをチェック/

マンガParkのQRコード

 

あらすじ

主人公は小さな村で薬師をしている「コレット」という少女。

薬師として毎日昼夜問わず、たくさんの患者や仕事に追われていました。

毎日の忙しさから心身ともに疲れきった時、近くの井戸から風を感じます。

そのとき、『井戸は別の世界に繋がっている』という言い伝えを思い出すコレット。

心の休まる素晴らしい世界へ行けるなら…と、全てのことから逃げ出したくなっていたコレットが思いきって井戸へ飛び込んだところ、辿り着いたのは死者の国『冥府』でした。

そこで「冥王ハデス」と出会い、家臣であるガイコツとの日々が始まります。

\今すぐ公式アプリをチェック/

マンガParkのQRコード

 

登場キャラクター

物語の中心となる4人の登場人物を紹介します。

コレット

主人公である薬師の少女。

第1話で精神的に追い詰められて逃げてしまいましたが、本当は責任感が強く、何より患者第一で、困っている人を放っておくことの出来ない優しいキャラクターです。

冥王ハデス

コレット同様仕事一筋で、冥王という立場上弱音が吐けません。

家臣にも迷惑を掛けると言って病気を隠しており、初めはコレットの診察を拒絶していましたが、手厚いというか、しつこい看護により心を開くようになります。

とても家臣思いの優しいキャラクターです。

ガイコツ

家臣であるガイコツは、見た目はものすごく怖い印象がありました。

ですが、ハデス様命、ハデス様のためならと忠誠心が異常なほどにあって、読んでいるうちにどんどん可愛らしく思えてくるキャラクターです。

ハリー

同じく家臣であるハデス専属の針子。

他の家臣と違い、とても人見知りで、コレットはおろかハデスともまともに話すことが出来ません。

でも、忠誠心は他のガイコツ同様強く、ハデスのために衣装を作ることを生き甲斐としています。

ネタバレ注意!

※ここからは少々ネタバレを含みます。自分で読みたい人は「マンガPark」で読んでみてください。1話から最終話まで全巻読むことが出来ますよ♪

\今すぐ無料で読む/

マンガParkで読めるオススメ作品一覧>>

 

感想と見どころ(ネタバレあり)

登場人物が、主要なキャラクター、各ストーリーキャラクター共に、よい人ばかりで、泣けたり心温まるストーリーが多いです。

特に、ストーリー中盤に出てくるコツメカワウソの「コツメ」というキャラクターは、見た目も可愛いのですが、話し方や仕草もとても可愛らしいです。

初めて見たときから大好きになりました。

コツメが主君である「ポセイドン」から解雇されてしまうお話は、私の一番のお気に入りです。

コツメは、家臣として仕えていた「ポセイドン」の妻の服を汚してしまうという不手際から解雇をされてしまいます。

仕事の修行をしてもう一度雇って貰えるよう、一生懸命、弱音を吐くことなく、ガイコツの教育を受けるコツメ。

しかし、結果は不合格でした。

とても悲しくて、読んでいて思わず泣いてしまいましたが、ポセイドンの気持ちも分かるので、とても切なかったです。

でも、コツメの頑張りや能力を評価したハデスが雇ってくれることになり、私まで嬉しくなりました。

感情移入のしやすい作品だと思います。

\今すぐ無料で読む/

マンガParkで読めるオススメ作品一覧>>

※この記事は2019年6月21日現在の情報に基づいています。紹介している作品は配信期間が終了している場合があるのでご注意下さい。

-漫画アプリ
-

Copyright© アプリの森【あぷもり】 , 2019 All Rights Reserved.