『りゅうおうのおしごと!』を無料で読もう!ライトノベル原作の大人気将棋漫画

りゅうおうのおしごと!白鳥士郎

白鳥士郎のライトノベルを原作とした将棋漫画『りゅうおうのおしごと!(りゅうおし)』。

  • りゅうおうのおしごとを漫画で読みたい
  • 全巻無料で読めるサイトが知りたい

そんなあなたのために、「りゅうおうのおしごと!」が無料で読める漫画アプリを紹介します。

\今すぐ読みたい人はこちら/

 

りゅうおうのおしごと!作品紹介

「このライトノベルがすごい!」(宝島社)文庫部門で2年連続1位を獲得している白鳥士郎の同名ライトノベルを原作とした将棋漫画。

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)に連載中の漫画版では構成にカズキ、作画はこげたおこげが加わっています。

今年はアニメ化も果たし、Blue-rayやAbemaTVでの配信も行われ、全国どこでも見られるようになっています。

 無料で『りゅうおうのおしごと!』を読む >>

りゅうおうのおしごと!あらすじ

なんかーいた!?

史上最年少で竜王を奪取しタイトルホルダーとなるも、その後連敗を続け、ネットで叩かれまくるプロ棋士・八一。

半ば絶望した気持ちで家に帰ると、一人暮らしのはずの部屋になぜか女子小学生「あい」が押しかけており、澄んだ目で内弟子にしてくれと懇願するのであった…。

この押し掛け弟子「あい」と八一、彼らの所属する清滝一門を中心とした棋士たちの生き様のお話。

勝負の心理描写が現実的なのに優しく、懐の深い作品です。

  • 負けて悔しいのはもちろん、勝って悲しむこともあると学んでいく「あい」
  • 「あい」の指し手から、殺意にすら見える才能を見抜いた八一
  • 年齢による衰えと向き合い、哀しみを感じながらも身の処し方を考える八一の師匠「鋼介」

棋士という特殊な世界の話ですが、彼らの感情がどんな年代の人にもリアリティをもって共感できるくらい、繊細に描いています。

\ダウンロードするだけで今すぐ読める/

りゅうおうのおしごと!登場キャラクター紹介

九頭竜 八一(くずりゅう やいち)

メガネの男|九頭竜 八一

16歳4か月で竜王を奪取し史上最年少のタイトル保持者となるものの、その後11連敗。これをネットなどで叩かれまくって落ち込んでいた。

子どものころからその才能は周囲の知るところであり、たまたま対戦してもらった清滝鋼介に僅差まで迫り、周りからも誉めそやされる。

それからは彼に付きまとい、結局は弟子にしてもらうことになった。

実は八一のこの行動の裏には、自分が僅差まで迫れたのは鋼介が「僅差になるように調整していた」からであり、それができるほど自分と彼の間に力の差があったのだと理解し、悔しがっていたためであった。

女性の扱いが致命的に下手。

雛鶴 あい(ひなつる あい)

雛鶴 あい

ツインテールの小学3年生(登場時点)。

八一のところに突然押し掛けてきた内弟子。(後に家出をして押し掛けたことが判明する。)

竜王戦の際にボロボロになっていた八一に水を渡した際、彼に内弟子にすると言われたことを頼りにやって来たのだが、当の八一は棋戦のプレッシャーによって記憶が飛んでいた。

驚異的な記憶力をもち、これを基にものすごいスピードで成長していく。

年齢を重ね、実力も付いていくのに伴って勝つことの厳しさ、精神的なプレッシャーとの向き合い方も覚えていく。

八一が他の女性棋士と喋っていたり、優しくしていたりすると嫉妬している様子。

空 銀子(そら ぎんこ)

空 銀子

八一の姉弟子。

女流戦で負けが無い(=黒星がなく、白星ばかりが並ぶ)ことから「浪速の白雪姫」と呼ばれる。女王二冠。

まわりから「八一の嫁」と認識されていることに本人もまんざらではない様子が見える(だが…)。

八一の才能を非常に高く評価し、竜王奪取後にスランプにおちいった時にも研究会に引っ張り出すなどして彼女なりのやり方で応援していた。

女流棋士としてだけでなく(男女混合である)正棋士となることを目指している。

清滝 鋼介(きよたき こうすけ)

清滝 鋼介

八一、銀子、桂香の師匠であり、あい達は孫弟子にあたる。登場時点で九段、50歳。

重厚で老練な手管から高く評価されているものの、順位戦では苦戦している。

妻を亡くしてからは娘の桂香と二人暮らし。(一時は銀子と八一も暮らしていた。)

将棋会館の窓から放尿、ネットゲームに課金しすぎておこづかいから差し引かれる、弟子の勝利の喜びで裸踊りなど、年齢や見た目の割に破天荒である。

年齢による棋士としての気力・体力の衰えを感じ、身の処し方を思案する。

清滝 桂香(きよたき けいか)

清滝 桂香

幼いころから、父である鋼介に将棋を教わってきたものの、一度は将棋をやめてしまう。

こうした経緯から、年は八一たちよりも上であるが、鋼介の弟子としては銀子・八一の妹弟子にあたる。

父でもあり師匠でもある鋼介をはじめ、破天荒(もしくは極度の天然ボケ)である一門をまとめる大事な存在。

25歳という年齢制限を前に葛藤するが、泥臭くもあきらめずに勝利を重ねていく。

夜叉神 天衣(やしゃじん あい)

夜叉神 天衣

八一の二番目の弟子。

「雛鶴 あい」と同様に名前が「あい」なので、区別のため「天ちゃん」と呼ばれることが多い。

将棋が縁で結ばれた両親のもとに育ち、さらに父親は元アマチュア名人である。このような環境の下で幼いころから将棋に親しんできたことで、非凡な将棋の才能が開花する。

ただ、両親を事故で失いひきとられた祖父の下で甘やかされて育ったことで、お嬢様は非常にツンデレにお育ちになりました。

神鍋 歩夢(かんなべ あゆむ/ゴッドコルドレン あゆむ)

八一とは昔からのライバルで、長年の友人とも呼べる存在。

関東在住であるが、ネットなどを使って頻繁に研究会を行っている。

所見・日常行動などから重度の中二病が疑われる。(ちなみにこの中二病の芸風は小学生から大人気である。)

神鍋のように男性の棋士が女性棋士を師匠にもつことは非常に珍しい。順位戦では、鋼介の老練さの前に敗戦した。

※ここからは少々ネタバレを含むので、自分で読みたい人は「マンガUP」で読んでみてください。

感想(※ちょっとネタバレ含みます)

ししょーだいすきですー

基本的にコメディで萌えの教科書みたいな漫画です。

しかし、さらに繊細でリアリティがあり(一部を除く)、戦闘シーンではこちらにまで殺意が伝わってくるなど、全体のクオリティが高い作品でした。

プロの会話は少年漫画の戦闘シーンなみであったり、プロの凄み、さらには彼らを応援し、対戦して負けていく「周りの人たち」の苦しみと喜び、相手の力量が分かる力があるからこそ感じる恐怖など、私たちにも通じるものではないでしょうか。

正直な所「ここがすごい!」というよりもこの作品がすごいよ、という感想になるのですよ。

しかも監修に関西の赤手棋士ユニット「西遊棋」が参加しており、基本がコメディものでありながら、将棋をテーマにした作品としてもきちんと作り込まれてストレスなく読めます。

また、萌え系の絵柄の漫画ですと女性キャラクターが似たり寄ったりになってしまうことがありますが、バラエティに富んだキャラクターが生き生きと描かれています。

一点だけ挙げるとすれば、横顔をもうちょっと綺麗に描いてほしいなって所だけです。カワイイ横顔を描くのって難しいですよね…。

\りゅうおうのおしごと!が無料で読める/

※この記事は2018年10月1日現在の情報に基づいています。紹介している作品は配信期間が終了している場合があるのでご注意下さい。

こちらもオススメ

-漫画アプリ
-

Copyright© アプリの森【あぷもり】 , 2019 All Rights Reserved.